浜松の飲食業こころ、ITで外食の新モデル探る

2020/6/30 19:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県を中心に居酒屋「てんくう」など約20店を展開する外食チェーン、こころ(浜松市)がIT(情報技術)を生かし、地元の飲食店を支援するデリバリー(宅配)の仕組みづくりを急いでいる。同社はIT企業出身の創業者の知識を生かし店の管理システムを自社開発し、運営を効率化してきた。コロナ禍で業界が一変するなか、新たな事業モデルを探る。

同社は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2カ月以上も店の臨時休業を余…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]