7/13 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  3. 3位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  4. 4位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

業績ニュース

ヤオコー>三越伊勢丹 コロナで相次ぐ時価総額逆転

2020/6/30 17:33 (2020/6/30 20:58更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤオコー(写真右上)が三越伊勢丹の時価総額を逆転するのは初めて

ヤオコー(写真右上)が三越伊勢丹の時価総額を逆転するのは初めて

同じ業種の企業間で時価総額の逆転が相次いでいる。新型コロナウイルスの感染拡大で日経平均株価が年初来安値をつけた3月19日と比べると、食品スーパーのヤオコー三越伊勢丹ホールディングスを上回るなど、多くの業種で逆転がみられた。コロナ後のニューノーマル(新常態)を踏まえた事業モデルが求められるなか、対応力の差が明暗を分けている。

時価総額は株価に発行済み株式数を掛け合わせた金額で、株式市場での企業価値を表している。日本企業のトップはトヨタ自動車で22兆円。新型コロナのまん延で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム