良品計画、「マイボトル」向けのペットボトル

2020/6/30 16:09
保存
共有
印刷
その他

良品計画は繰り返し使いやすいように設計したペットボトル「自分で詰める水のボトル」を7月1日に発売する。使い捨てを避けるために持ち歩く「マイボトル」として使用する。全国の「無印良品」の店舗で販売する。大型店を中心に無料で利用できる給水機も設置し、顧客に利用を促していく。

良品計画が発売するペットボトル容器「自分で詰める水のボトル」

消費者が手軽にプラスチックごみの削減に取り組むことができるよう、水筒よりも軽量なペットボトルを採用し、何度も利用できるようにした。同社で販売する通常のペットボトル容器より丈夫にしたという。飲み口の直径は5ミリメートル大きくして洗いやすいように工夫した。不要になった場合は店舗で回収して原料としてリサイクルする。容量は330ミリリットルで価格は190円。

発売日には大型店を中心に113店舗で給水機を利用できるようにする。スマートフォン向けの「水」アプリも同時に提供する。自身の吸水量や、マイボトルの使用によって削減したプラスチックの使用量や、二酸化炭素(CO2)の排出量を分かりやすく見える化する。

他社が販売するマイボトルを持参した客でも無料で飲料水を補給できる。使い捨てられるペットボトルの利用を減らすことで「環境問題を考えるきっかけを提供したい」(同社)としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]