コロナ禍で高卒採用難しく、学校訪問できず 人材確保に懸念

2020/7/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス禍を受け、企業が高卒採用に頭を悩ませている。例年4~5月に行っていた学校訪問が休校で実施できず、7月の求人票公開を前に十分な情報提供ができていないからだ。2021年春卒は必要な人材を確保するのが難しく、ミスマッチで離職率が高まる懸念もある。

「自社を丁寧に説明する機会が減った」。日本製鉄はこれまで学校訪問やインターンシップなどで教員や高校生に会社紹介をしてきた。今年は4~5月の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]