車優先時代の終わりの始まり(時流地流)

谷 隆徳
編集委員
2020/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

◆先月閉会した通常国会で道路法が改正され、ユニークな制度が創設された。「歩行者利便増進道路」だ。道路の車線数を減らしてオープンカフェを設置したり、イベント開催したりできる空間をつくり、歩行者に開放する。公募で選ばれた事業者はそこを最長20年間使用できるようにする。

◆環状道路やバイパスの整備で車が迂回できるようになり、地域によっては市街地の中心部を走る道路の交通量が減り始めている。それならば、例えば…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]