/

この記事は会員限定です

精神科医の斎藤氏「社会効率化へ コロナ検証」

コロナ危機 地方揺らぐ インタビュー編

[有料会員限定]

東京の街は外出自粛と休業要請で一時は整然と店が閉まり、人がいなくなった。ただ、自粛期間が終わった街中をみると、反動も目立ち始めている。精神科医の斎藤環氏に新型コロナウイルスを経た社会の現状と展望を聞いた。

――繁華街などで人出が増えています。

「人々の心はあまり根拠なしに『終息』に向かっている。自粛はこりごりという思いが予想以上に噴出している。一方で東京都では連日50人前後の感染者が出ている。第2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン