/

この記事は会員限定です

商業捕鯨再開1年、にぎわい復活の兆し 宮城や青森

(更新) [有料会員限定]

日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、商業捕鯨を31年ぶりに再開してから7月1日で1年。かつて商業捕鯨を担った宮城県石巻には徐々にではあるがにぎわいが復活する兆しが見える一方、商業捕鯨を持続的な「ビジネス」へ育てるための模索が続いている。

宮城県石巻市鮎川で4月、関係者が待望したクジラが水揚げされた。地元の捕鯨会社、鮎川捕鯨(石巻市)の菊田憲男執行役員は「クジラの色もよく、感慨深かっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン