/

この記事は会員限定です

東大生の新常識「デキるやつほど起業する」

東大発スタートアップ(1)

(更新) [有料会員限定]

日本トップクラスの頭脳が集まる東京大学。卒業後は霞が関の官庁や大企業に行くのが王道と思いきや「優秀な人ほど起業する」のが今の東大の常識になっている。優秀な人材にとって「出るくい」を生かし切れない旧来型の大組織は魅力を失った。自ら会社を立ち上げ、社会課題の解決に真っ向勝負を挑んでいる。

自分の力で道切り開く

「新入社員として他の人と同じラインで競うのは嫌だ」――。東大発スタートアップ、TDAI Lab(東京・中央)の福馬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2089文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東大発スタートアップ

東京大学発のスタートアップが存在感を増している。2019年の企業数は268社と他大学と比べて群を抜く。東大発の起業家はなぜ増えているのか。そして彼らの強みは何か。既存の枠組みにとらわれず、自らの力で変革を起こそうとする東大生たちの姿を追う。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン