感染症対策の司令塔創設を 公明、骨太方針へ提言

2020/6/30 12:46
保存
共有
印刷
その他

20年度の「骨太方針」に向けた公明党の提言を石田政調会長(中央左)から受け取る安倍首相(30日、首相官邸)

20年度の「骨太方針」に向けた公明党の提言を石田政調会長(中央左)から受け取る安倍首相(30日、首相官邸)

公明党の石田祝稔政調会長は30日、首相官邸で安倍晋三首相と会い、政府が7月中に決める経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に向けた提言を渡した。米疾病対策センター(CDC)を参考に新型コロナウイルスなど感染症対策の司令塔組織の創設を検討するよう訴えた。

オンライン診療の制度の定着やマイナンバーカードの活用など、行政、医療、教育分野のデジタル化を打ち出した。

子どもたちの学びの確保のため、30人以下の少人数編成を可能にするなど指導体制の整備を盛り込んだ。

首相は「課題を踏まえて社会変革に向けたビジョンを示していきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]