センシンロボ、22億円調達 スマート都市にドローン

2020/6/30 11:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドローン(小型無人機)関連ソフトを開発するセンシンロボティクス(東京・渋谷)はENEOSホールディングスやベンチャーキャピタルから22億円を調達した。政府が2022年度をメドに都市部で規制緩和を目指すのに合わせ、自動飛行ドローンをスマートシティ(次世代都市)作りなどに生かす。

情報システムのコムチュアやフューチャーベンチャーキャピタルなども第三者割当増資を引き受けた。あわせて三菱UFJ銀行などか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]