タンチョウ、飼育員に恋心 求愛ダンス見せ抱卵任せる

2020/6/30 9:27
保存
共有
印刷
その他

北海道釧路市の阿寒国際ツルセンターで飼育されている雌のタンチョウ「ムック」が、男性飼育員に思いを寄せる姿が「愛らしい」と人気を集めている。求愛ダンスをしたり、本来はつがいで交代して行う抱卵を任せたり。専門家は「人工飼育され、自分を鳥だと認識していない可能性がある」と分析する。

「卵温めておくから、ごはん食べに行っていいよ」。6月中旬、同センターの飼育員、近藤政治さん(60)がケージの中に入り話し…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]