英レスター市、コロナ感染で再封鎖 学校や店舗閉鎖

2020/6/30 6:52 (2020/6/30 7:01更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英政府は29日、新型コロナウイルスの感染が拡大している英中部の地方都市レスターで、学校の休校や必需品以外の店の休業などの規制を再び課すと発表した。首都ロンドンがあるイングランドは7月4日からパブやレストランを再開するが、レスターでは延期する。

英メディアによると、同国内で地域限定で規制強化に逆戻りした例は初めて。欧州ではドイツ西部の地方都市でも再びロックダウン(都市封鎖)する動きが出ており、感染再拡大への警戒が強まっている。

レスターは人口30万人ほどの中堅都市。ハンコック保健相は29日「過去1週間で国全体の新規感染者の10%がレスターから出ている」と規制強化の理由を説明した。地域限定の規制は2週間ごとに見直す方針だ。

マスク姿で街を行く人たち(29日、英中部レスター)=ロイター

マスク姿で街を行く人たち(29日、英中部レスター)=ロイター

英の人口の約85%を占めるイングランドでは15日にデパートや小売店が再開し、7月4日には飲食、宿泊業も営業するなどようやく経済が本格的に再開する予定だった。感染が急拡大したレスターだけは、ほぼ6月15日以前の状況に戻る。

世界では経済の再開に伴い感染が再拡大して規制を強化したり、緩和計画を見直したりするケースが相次いでいる。

ドイツ西部のノルトライン・ウェストファーレン州政府は23日に食肉加工工場で従業員1500人以上の集団感染が確認された同州の一部の郡をロックダウンすると発表した。同州のラシェット首相は「ドイツで初めて数週間前の状態に戻る」と説明した。

米国では感染が広がるカリフォルニア州の一部やフロリダ州などでバーの営業が規制された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]