三菱重工の国産ジェット、エース投入も人員半減

Bizレーダー
自動車・機械
2020/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業が進める国産初のジェット旅客機「スペースジェット」(SJ)の開発が7月1日、新体制に移る。これまでの外国人主体の開発をやめ、日本人のエース技術者を登用して商用化に向けた追い込みを急ぐ。ただ開発人員が半減するなど、日の丸ジェットのフライト実現に向けた環境は厳しいままだ。

「型式証明の取得に向けて引き続きご協力をお願いします」。東京・霞が関で一人の男性が関係省庁をあいさつ行脚していた。7月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]