/

この記事は会員限定です

パーク24、コロナ後の回復 カギは「3万台」効果

証券部 松本萌

(更新) [有料会員限定]

パーク24の2020年10月期の連結最終損益は1999年の上場以来初めて赤字となる見通し。新型コロナウイルスまん延により主力の駐車場事業が落ち込む。そのなかで回復のカギを握りそうなのが、売上高で第2の柱となったカーシェア事業が持つ「3万台」効果だ。

同社は15日、20年10月期の最終損益が従来の黒字予想から一転して255億円の赤字となりそうだと発表した。年70円の配当予想を無配と修正したこともあり、16日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン