/

この記事は会員限定です

特措法適用の解釈弾力的に 元内閣危機管理監 伊藤哲朗氏

[有料会員限定]

伊藤哲朗・元内閣危機管理監 危機管理は早め早めの対応が肝要だ。新型インフルエンザ等対策特別措置法は未知のウイルスでも適用できるよう法律名に「等」を入れている。

新型コロナウイルスは、1月には新たなウイルスだと分かっていた。特措法の適用外と解釈したことが最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り127文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン