新型インフル等特措法 危機下の改正、迅速失う
コロナが映す法の穴

2020/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスを巡る政府の危機対応は関連法の問題点を浮き彫りにした。収束がみえず長期戦に臨むうえで法の不備をどう塞ぐのかの論点は欠かせない。初回は緊急事態宣言を規定する新型インフルエンザ等対策特別措置法だ。

欧州からの帰国者など感染者数が増え、一斉休校も始まった3月上旬。国会は新型コロナが「既知か未知か」が論争になっていた。

特措法は2条1項で対象の感染症を示す。(1)新型インフルエンザ(2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]