氷河期世代の正社員化「3年30万人増」政府が目標堅持

2020/6/29 20:03
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済財政・再生相は29日の記者会見で、就職氷河期世代の正規雇用を2020年から3年間で30万人増やす目標について「堅持する。今の状況は大変だが、後戻りさせない」と述べた。新型コロナウイルスの感染拡大で雇用情勢は急激に悪化しており、氷河期世代の採用拡大は進みにくい状況になっている。

西村氏はコロナショックで「氷河期世代、とりわけ女性の雇用環境が悪化している」と指摘。就業希望者の職業訓練や人手不足の産業とのマッチングを推進すると強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]