米シェール窮地に 開発7割減、大手チェサピーク破綻

2020/6/29 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米シェール業界の苦境が鮮明だ。新型コロナウイルスで世界の石油需要が急減し、新規開発の7割が止まった。28日には草分け的存在のチェサピーク・エナジーが経営破綻した。米シェールブームの終わりは転換期を迎える世界のエネルギー安全保障が抱えるリスクも浮かび上がらせる。

チェサピークは1989年に創業し、米国のシェールブームをけん引してきた。4月以降、中堅シェール企業のホワイティング・ペトロリアムやエクス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]