/

この記事は会員限定です

「プロ経営者」を送り廃業回避

サプライチェーン守れ(1) セレンディップ・ホールディングスの竹内在社長

[有料会員限定]

2018年、車のトランクルームの部品などを手がける三井屋工業(愛知県豊田市)を買収しました。身内に後継者候補がいなかったため、社長は外部への譲渡を視野に入れていました。そこで当社は3人の取締役を派遣し、当時の社長にはとどまってもらいました。

買収に伴い社長に引退してもらい経営を刷新すればよかったのに、と思う人もいるでしょう。しかし、その選択肢はありませんでした。三井屋工業は自動車業界のサプライチェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン