茨城のメロン丸ごとスイーツ、銀座で販売

2020/6/29 18:58
保存
共有
印刷
その他

東京・銀座にある茨城県のアンテナショップ「イバラキセンス」は7月4日から、県内のイベントなどで人気のスイーツ「メロンまるごとクリームソーダ」を土日に計20個限定で販売する。新型コロナウイルスによるイベント中止が相次ぎ、県内での販売機会が減るなか、首都圏の消費者にアピールする。販売価格は1200円。

メロンを器代わりにした外観は写真映えする

メロン1個を丸ごと使い、本物の果実を削り取りながらソーダとアイスを豪快に楽しめる。例年は茨城県の音楽フェスティバルやフードフェスティバルに出展され、行列ができる人気商品。イバラキセンスで販売するのは初めてで、8月下旬までを予定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]