宮城の酒蔵、海外展開加速 田中酒造店「白ワイン市場狙う」

サービス・食品
東北
宮城
2020/6/29 18:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県内の酒蔵が日本酒の海外展開を加速している。田中酒造店(加美町)は海外向け日本酒を今秋から12カ国・地域に輸出する。墨廼(の)江酒造(石巻市)も輸出先をこれまでの5カ国・地域から最大9カ国・地域まで増やそうと計画する。国内消費量の減少に対応し、新たな風味の商品開発や商標登録に取り組んで販路を開拓する。

日本酒「真鶴」で知られる田中酒造店は海外市場向けの日本酒「TANAKA 1789」を開発し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]