豪、中国との対立鮮明に サイバー攻撃巡りけん制

2020/6/30 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シドニー=松本史、北京=羽田野主】オーストラリアが中国との対立構図を鮮明にしている。新型コロナウイルス発生源の独立調査を要求。反発した中国が農産品の輸入規制に踏み切ると、新たに公的機関が受けたサイバー攻撃で、中国側の関与を事実上示唆してけん制するなど、収束はみえない。

政府や公的機関が数カ月前からサイバー攻撃を受けている――。6月中旬、モリソン豪首相は唐突にこんな発表をした。特定国の名指しは避…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]