静岡県知事とJR東海社長 環境保全条例ですれ違い

2020/6/29 18:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リニア中央新幹線の静岡工区の未着工問題を巡り、静岡県の川勝平太知事とJR東海の金子慎社長の26日の会談が物別れに終わった。金子社長は2027年開業の条件とする月内の準備工事再開の許可を求めたが、川勝知事は明確な回答を避けすれ違いが目立った。中でもボタンの掛け違いを招く原因になったのが、県の自然環境保全条例を巡るやりとりだ。

川勝知事は会談で、追加工事を認めるには自然環境保全条例に基づく協定の締結…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]