ロームが創業者の経営モデルを転換 車載半導体に活路

2020/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロームが経営の方向を大きく変える。半導体では家電・情報機器から車載向けに製品戦略を転換し、コロナ禍で混乱したサプライチェーン(供給網)も国内回帰を選択肢に立て直す。業績は伸び悩み、半導体業界の「異端児」と呼ばれ、高収益を誇った往時の勢いはない。初の技術者出身社長が、カリスマ創業者の残した事業モデルの変革に挑む。

「カスタムのロームとして特定の顧客向けが多かったが、様々な顧客に幅広く販売できるよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]