エスペック、高温下の開発試験 自宅から確認

2020/6/29 17:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境試験装置大手のエスペックはセ氏150度まで耐えられる試験用カメラを開発した。遠隔制御するシステムなどと組み合わせれば、高温下でテストしている開発品の様子を自宅のパソコンから確認できる。従業員が在宅勤務するなかでも製品開発を進めたいメーカーに売り込み、2020年度に100台の販売をめざす。

カメラは一眼レフカメラのような形状で、環境試験装置ののぞき窓にさしこんで使う。セ氏マイナス4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]