/

学童保育の職員確保に補助金、自民有志が提言

自民党の有志議員でつくる「若者を基軸とした経済対策勉強会」は29日、学童保育への支援拡充の提言を加藤勝信厚生労働相に提出した。民間が運営する学童保育で会計などの事務職員の確保に充てる補助金の創設を要望した。

提言は待機児童を解消するため学童保育の施設の整備が進む一方、職員確保が課題になっていると指摘。子どもの学習を手伝う職員の配置に使う補助金の新設も求めた。

勉強会は木原誠二政調副会長が座長、村井英樹衆院議員が事務局長を務め、約20人が参加する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン