JERA、豪ガス田権益取得へ 需要増にらみ調達拡大

環境エネ・素材
南西ア・オセアニア
2020/6/30 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資するJERAは、オーストラリア北部沖の天然ガス田の権益を取得する。豪エネルギー大手サントスが保有する権益の12.5%を取得することで基本合意した。液化天然ガス(LNG)の需要が高まっており、世界で権益を増やして安定調達を進める。

権益を取得するのは豪北部ダーウィン沖のバロッサガス田。ガスはパイプラインで陸上の液化施設に送る。取得金額はサントスと調整して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]