通院自粛で持病悪化も 診療所「必要な受診続けて」

医療・健康
愛知
2020/6/30 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスへの感染を懸念し、かかりつけの医療機関の受診を控える人が増えた。健康状態や持病が悪化する恐れもあり、医師らは感染の「第2波」で同様の状況になることを警戒。診療所内の感染対策に留意しながら、「必要な受診や通院は続けてほしい」と呼びかけている。

「数値はわずかに悪化していますが、このまま治療を続けていきましょう」。6月上旬、糖尿病を患う60代の男性が約5カ月ぶりに「糖尿病・内分泌内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]