第一生命、100億円でシステム刷新 外部連携へクラウド活用

金融最前線
2020/6/30 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一生命ホールディングス(HD)は今年度中に100億円を投じて基幹システムを刷新し、インターネット上で管理するクラウド形式に移行する。フィンテック事業者やスマートフォンで健康管理アプリなどを提供する外部企業と連携しやすくし、新たなサービスや商品開発につなげる。

生命保険業界が契約者の情報を外部のIT(情報技術)サービスと連携させる取り組みが動き出す。金融庁も個人情報の取り扱いに関する法令解釈など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]