/

この記事は会員限定です

新市場を創る企業行動(4) 目的主導でなく手段主導

立命館大学准教授 吉田満梨

[有料会員限定]

エフェクチュエーションを構成する5つの思考様式には、それぞれユニークな名称が付いています。「手中の鳥」の原則は、所与の目的達成のために必要な手段を求める「目的主導」ではなく、既存の手段を使って新しい行動を生み出す「手段主導」の行為です。

エキスパートの起業家には、彼らが既に手にしている3つの手段、「私は誰か」「何を知っているか」「誰を知っているか」から、「何ができるか」を発想する傾向が見られました...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン