/

浜松市長、「リニア計画は浜松にとって有益」

浜松市の鈴木康友市長は29日の記者会見で、2027年の開業が困難となったリニア中央新幹線について「リニアの計画は浜松市にとって有益だ」との考えを述べた。リニアの開業により浜松駅に停車する東海道新幹線の「ひかり」などが増発され、東京や大阪へのアクセスが良くなることに期待しているという。

一方で、工事再開を巡って静岡県とJR東海の議論が平行線をたどっていることに関しては「大井川の水問題は地元が納得するまで時間をかけてしっかりと議論すべきだ。万が一、将来に問題が起きた場合はJR東海が期限を設けずに責任を負うことが重要だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン