店での陳列簡単に 豊田織機、自動仕分けで新システム

2020/6/29 18:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

豊田自動織機は物流倉庫の仕分け作業を自動化できる倉庫を売り出す。スーパーなどの配送先に効率良く陳列できるよう商品を自動的に積む技術を開発した。新型コロナウイルスで密集を避ける方法が模索されるなか、倉庫の自動化システムを新しい収益源にする。

豊田自動織機のオランダ子会社、ファンダランデが新技術「オートメーテッドケースピッキング(ACP)」を開発した。配送先店舗の商品棚の配置も考慮して、自動的に荷役…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]