ドゥテルテ大統領、インフラ回帰 残り2年 求心力維持へ

2020/6/29 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領の任期は30日で残り2年。治安改善と並ぶ看板政策のインフラ整備の加速に再び取り組む。南シナ海問題を棚上げして近づいた中国が支援する事業は遅れ、日本の援助や民間資金に活路を見いだす。後継指名も視野に求心力の維持に努める。

「インフラ開発で雇用を生み、投資も呼び込むことが(新型コロナウイルスで傷ついた)経済の早期回復につながる」

フィリピンのドミンゲス財…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]