/

この記事は会員限定です

マツダ「弱者の兵法」 人なし金なしでも世界一の技術

[有料会員限定]

数々の経営危機を乗り越え、マツダが2020年に創業100年を迎えた。新型コロナ禍で足元の状況は厳しい。だが、今度も乗り切るのではないかという期待感を抱かせる。同社は今、自動車のエンジン技術で世界トップを疾走しているからだ。世界シェアが2%で「スモールプレーヤー」と自称する小規模自動車メーカーであるマツダが、なぜエンジン技術で世界一に上り詰めることができたのか。それは、人や資金が少なくても勝てるマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン