/

この記事は会員限定です

日経平均一時2万2000円割れ 市場はこう読む

[有料会員限定]

29日午後の東京株式市場で日経平均株価が下げ幅を広げた。一時、前週末比500円超下げ、16日以来初めて取引時間中で2万2000円台を下回った。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、「香港国家安全維持法案」を巡る米中関係悪化への懸念から、投資家の運用姿勢が弱気に傾いた。6月末を控え米国年金基金のリバランス売りなども出ているという。今後の相場はどう動くか。市場関係者に聞いた。

下値警戒の局面 半導体など選別物色

庵原浩樹・東海東京調査センターシニアマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン