/

ポジティブに我が道を行く テニス・西岡良仁(上)

「ノー勉でいける英語学習」「日本代表が教えるバックハンド」「デ杯の舞台裏密着」……。西岡良仁(24、ミキハウス)のSNS(交流サイト)には、手づくり感満載の投稿があふれる。

1月の全豪オープン3回戦進出、2月のデルレービーチ・オープン準優勝と今季は好調で、世界ランキングも自己最高の48位まで上げたのに、3月、新型コロナウイルスの感染拡大でツアー全大会が中止・延期に。ならば、と発信に力を入れるようになった。

西岡は手づくり感満載のSNS投稿に力を入れる

「(海外の大会ばかりなので)もともとファンに見てもらう機会がない。取材も(錦織)圭くん、(大坂)なおみちゃんに集まる。だったら自分で発信した方がいい」

そんな時間があったら練習しろ、自分の姿は結果で見せるべきだ、という声も聞こえてくる。「気にしない。みんな、24時間オフィスにいるの? アスリートは厳格化されすぎ。投稿は1分でできるし、自分のマーケティングは自分でいくらでもやれるんだから」。3年前から地道に発信力を高めた結果、「圭くんの次にファンが多い」と胸を張る。

この突き抜けたポジティブさで周囲に惑わされず、我が道を行けるのが西岡だ。三重県でテニススクールを営む両親の下でテニスを始め、全国小学生、全日本ジュニアなどを制したエリートだが、周囲の期待度はさほど高くなかった。

錦織と同じく、盛田ファンドのサポートでIMGアカデミー(米フロリダ州)にテニス留学したものの、中学1年、2年と米国での最終選考で落ちている。3度目に呼ばれた時は「練習会においで。その先は見据えてないけれど」の一言つきだったが、見事合格した。

「(アカデミー創設者の)ボロテリーさんが偶然、僕を日本で見ていて、すごく推してくれたらしい。軍隊出身の人だから、『技術うんぬんじゃない』というのが根底にあって選んだのかなと思う」。背の低さをカバーすべく、自然と身についたねちっこいプレーが印象に残ったようだ。

あまり人の名前を覚えないことで有名なボロテリーが「ヨシ、足が速いな。コックローチ(ゴキブリ)だね」とよく声をかけてくれたが、その他の評価は厳しかった。「あんまり強くなれないよ」という声も聞こえてきた。ただ、自信は揺らがなかった。

「何人かは僕を信じてくれたし、アカデミーでも同年代では一番強かった。対外試合でベストの成績を出せなくても、僕は負け続けた経験がないんで」。若手の登竜門大会、ITFフューチャーズで安定した成績を残して2014年、錦織に次ぐ盛田ファンドから2人目のプロに。ただ、マネジメント会社とは契約できなかった。

「それで苦労はしたと思う。(当時は)ラケットを折ったり、試合を投げたり、僕の態度も悪かった」。余計な苦難も楽しんで糧にする。それも西岡流だ。=敬称略

(原真子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン