熱視線

フォローする

ポジティブに我が道を行く テニス・西岡良仁(上)

Tokyoオリパラ
2020/7/4 3:00
保存
共有
印刷
その他

「ノー勉でいける英語学習」「日本代表が教えるバックハンド」「デ杯の舞台裏密着」……。西岡良仁(24、ミキハウス)のSNS(交流サイト)には、手づくり感満載の投稿があふれる。

1月の全豪オープン3回戦進出、2月のデルレービーチ・オープン準優勝と今季は好調で、世界ランキングも自己最高の48位まで上げたのに、3月、新型コロナウイルスの感染拡大でツアー全大会が中止・延期に。ならば、と発信に力を入れるようになった。

西岡は手づくり感満載のSNS投稿に力を入れる

西岡は手づくり感満載のSNS投稿に力を入れる

「(海外の大会ばかりなので)もともとファンに見てもらう機会がない。取材も(錦織)圭くん、(大坂)なおみちゃんに集まる。だったら自分で発信した方がいい」

そんな時間があったら練習しろ、自分の姿は結果で見せるべきだ、という声も聞こえてくる。「気にしない。みんな、24時間オフィスにいるの? アスリートは厳格化されすぎ。投稿は1分でできるし、自分のマーケティングは自分でいくらでもやれるんだから」。3年前から地道に発信力を高めた結果、「圭くんの次にファンが多い」と胸を張る。

この突き抜けたポジティブさで周囲に惑わされず、我が道を行けるのが西岡だ。三重県でテニススクールを営む両親の下でテニスを始め、全国小学生、全日本ジュニアなどを制したエリートだが、周囲の期待度はさほど高くなかった。

錦織と同じく、盛田ファンドのサポートでIMGアカデミー(米フロリダ州)にテニス留学したものの、中学1年、2年と米国での最終選考で落ちている。3度目に呼ばれた時は「練習会においで。その先は見据えてないけれど」の一言つきだったが、見事合格した。

「(アカデミー創設者の)ボロテリーさんが偶然、僕を日本で見ていて、すごく推してくれたらしい。軍隊出身の人だから、『技術うんぬんじゃない』というのが根底にあって選んだのかなと思う」。背の低さをカバーすべく、自然と身についたねちっこいプレーが印象に残ったようだ。

あまり人の名前を覚えないことで有名なボロテリーが「ヨシ、足が速いな。コックローチ(ゴキブリ)だね」とよく声をかけてくれたが、その他の評価は厳しかった。「あんまり強くなれないよ」という声も聞こえてきた。ただ、自信は揺らがなかった。

「何人かは僕を信じてくれたし、アカデミーでも同年代では一番強かった。対外試合でベストの成績を出せなくても、僕は負け続けた経験がないんで」。若手の登竜門大会、ITFフューチャーズで安定した成績を残して2014年、錦織に次ぐ盛田ファンドから2人目のプロに。ただ、マネジメント会社とは契約できなかった。

「それで苦労はしたと思う。(当時は)ラケットを折ったり、試合を投げたり、僕の態度も悪かった」。余計な苦難も楽しんで糧にする。それも西岡流だ。=敬称略

(原真子)

熱視線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

テニスのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

熱視線 一覧

フォローする
ブノワHC(左)の信念と言葉に導かれ、脇本は世界トップクラスへ駆け上がった(More CADENCE提供)

 6月に和歌山競輪場で行われた高松宮記念杯は、脇本雄太(31、日本競輪選手会)の独壇場だった。トップ選手がそろうG1の全4レースを圧勝。通算賞金は6億円を超えた。デビュー13年目で突出した成績を出せる …続き (8/8)

自転車トラック種目世界選手権の男子ケイリン決勝で2位に入った脇本雄太(中央)。右は優勝したオランダのラブレイセン(2月、ベルリン)=共同共同

 自転車トラック短距離のケイリンは日本発祥でありながら、五輪で金メダルを獲得した日本選手はまだいない。スピードと駆け引きが魅力の花形レースで脇本雄太(31、日本競輪選手会)は今、世界の頂点に最も近い選 …続き (8/8)

バドミントン男子ダブルスの園田(左)と嘉村


 「ちょっとまずい。これは強いぞ」。2009年9月の新潟国体。バドミントンの男子ダブルス準決勝を見ていたトナミ運輸監督の荒木純は、教え子で当時日本一だった平田典靖、橋本博且組が格下ペアに気押されるさま …続き (8/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]