曝書 作家 川上弘美

2020/7/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「曝書(ばくしょ)」は、夏の季語である。晴れた日に、本を日に曝(さら)し黴(かび)などをふせぐことを言う。

コロナ禍で家にいる時間が増えたため、棚の整理をするようになった。中に、料理本の棚があり、久しぶりに全部の本を引き出してみると、なにやら黴くさい。

なるほど、料理をするその横に開いておくため、料理本には黴の好みそうな栄養物が飛び散る機会が多い。そのまま閉じ、棚にぎっしり並んだ料理本の中に押し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]