失敗ばかりの修行時代 講談師 神田茜

エッセー
2020/7/1 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しく仕事をはじめた方など、上手(うま)くできなかったり、失敗したりで悩むことはありませんか? 私の新人時代は失敗ばかりでひどいものでした。

講談師になると数年間は師匠の鞄(かばん)持ちや身の回りのお世話をする修行期間というものがあります。私が弟子入りした昭和60年(1985年)、師匠の二代目神田山陽は70代の後半でした。とてもお元気で毎日のように高座に上がっていました。弟子は大久保のお宅まで伺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]