コロナ対策費、海外は執行監視厳しく 独立組織も

法務インサイド
瀬川 奈都子
編集委員
2020/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対策として、主要国が多額の対策費を予算計上するなか、執行のスピードと透明性の確保の両立が課題となっている。原資は国民の税金。効率的に使われているのか、癒着や不正が生じていないのかチェックする仕組みが必要だ。海外では欧州がコロナ関連の政府調達に指針を出しているほか、米国も専門組織による監視を強めている。オンブズマンなど第三者による検証や要求も活発だ。

公的資金の民間への流れとして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]