/

この記事は会員限定です

香港から東京にファンドを呼び寄せる秘策(一目均衡)

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

東京都が中心となって進める国際金融都市構想。バブル崩壊以降に何度も失敗を繰り返してきた構想だけに、その実現可能性を信じる人は少ない。だがここにきて少し風向きが変わってきた。ライバルである香港の「敵失」だ。

「反政府デモなどの影響で生活に支障が出ている。ほかに拠点が必要になるかもしれない」。世界で1兆円超を運用し、アジアでは香港に拠点を置く米大手ヘッジファンドのアジアヘッドは明かす。

中国は香港国家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン