7/11 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウもみ合い、感染拡大もコロナ治療薬に期待
  3. 3位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]
  4. 4位: 安川電、3~5月期営業益22%減 市場予想上回る
  5. 5位: コニカミノルタ、21年ぶり安値 在宅勤務で事務機不振(銘柄診…
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

マーケットニュース

フォローする

マクロ景気の回復は持続可能か(十字路)

2020/6/30 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場は3月のボトムから一息に駆け上がってきた。その背景は(1)景気の谷が深くなり回復の初動が「V字回復」となった(2)財政・金融政策が出し惜しみなくフルサポートで出てきた(3)新型コロナウイルスの感染第2波への懸念が常にあり投資家は強気になりきれず、かえって息の長い相場上昇になった――などだ。

そして直近の株式市場は膠着感を強めている。最も大きな理由は、単純に予想PER(株価収益率)の割高感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム