ソフトバンクG、Tモバイル株売却で利益6000億円

ソフトバンク
2020/6/29 9:18
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG)は29日、同社が保有する米通信大手TモバイルUS株の一部売却に伴い、2020年4~6月期連結決算で概算6000億円の利益を計上すると発表した。株式の一部売却にかかる利益と、引き続き保有する株式の再評価益からなる。

SBGは23日に保有するTモバイル株の一部売却を発表していた。26日(米国東部時間)にTモバイル株の公募・私募取引が完了。TモバイルはSBGの持ち分法適用関連会社から除外されることになったという。

SBGは同日、同社が発行した無担保社債の一部を買い入れると発表した。買い入れ金額の上限は2000億円。買い入れ期間は30日~7月17日を予定する。自社株買いと負債圧縮を目的とした計4.5兆円の資産売却計画の一環としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]