小池氏優勢、ほか3氏追う 投票先未定も約3割 共同通信情勢調査

2020/6/28 19:10 (2020/6/28 20:55更新)
保存
共有
印刷
その他

共同通信社は7月5日投開票の東京都知事選について電話世論調査を26~28日に行い、取材結果も踏まえて情勢を分析した。再選を目指す現職の小池百合子氏(67)が他候補を引き離して優勢となっている。

元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組の山本太郎代表(45)が追い、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)=維新推薦=が続く。

諸派でNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)=N国推薦=ら18人も立候補しているが、広がりを欠く。3割はまだ投票先を決めておらず、情勢が変わる可能性がある。

知事選への関心を聞いた質問では「大いにある」が36.4%、「ある程度ある」が51.2%だった。

支持政党別に投票先を見ると、小池氏が無党派層も含めて幅広く浸透。自民支持層の7割、公明支持層の9割が小池氏を選んだ。無党派層では6割だった。

宇都宮氏を支援する立憲民主党の支持層でも6割が小池氏に流れ、宇都宮氏を選ぶのは2割にとどまった。共産支持層に関しては、宇都宮氏が6割を固めた。

投票するに当たって最も重視する基準は「政策」が25.2%で最も多かった。「リーダーシップ」の21.3%、「新型コロナウイルス対策」の14.6%が続いた。

小池都政の4年間については「評価する」が22.8%、「どちらかと言えば評価する」が57.8%で、多くが好意的に捉えていた。

調査は、都内の有権者を対象にコンピューターで無作為に発生させた番号に電話するRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。有権者がいる世帯にかかったのは1457件で、うち1030人から回答を得た。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]