開業医加入の国保、後発薬を敬遠

経済
2020/6/28 22:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

開業医が加入する医師国民健康保険組合(医師国保)で、後発医薬品(ジェネリック)の使用率が低調となっている。沖縄を除く46都道府県の使用率は企業健保などを含む全体平均(74.9%、2019年9月時点)を下回る。政府は後発薬の利用を促すが、開業医らが治療を受ける際に後発薬の処方を避けている可能性がある。

後発薬は特許が切れた薬と同成分で値段が安い。普及すれば医療費抑制が期待で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]