ワクチン開発 支援呼び掛け 海外歌手、コンサート配信

2020/6/28 18:31 (2020/6/29 0:32更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】新型コロナウイルスの深刻な被害が世界各地で続く中、検査・治療体制の拡充やワクチン開発への支援を呼び掛けるコンサートが27日(日本時間28日)、ツイッターやユーチューブ、フェイスブックなどで配信された。コールドプレイやジャスティン・ビーバーさん、シャキーラさんら人気アーティストが多数出演し、歌や演奏を通じて世界中に幅広い協力を促した。

映画試写会で撮影に応じるドウェイン・ジョンソンさん(2018年4月、英ロンドン)=AP

映画試写会で撮影に応じるドウェイン・ジョンソンさん(2018年4月、英ロンドン)=AP

ホストを務めた俳優、ドウェイン・ジョンソンさんは米中西部ミネソタ州の白人警官による黒人男性暴行死事件にも触れ「健康を手にすることは所得や人種の違いによって左右されてはならない基本的権利だ」と強調した。

コンサートは貧困撲滅などを目指す世界的な組織「グローバル・シチズン」が手掛けるキャンペーンの一環。世界保健機関(WHO)米州地域事務局の汎米保健機構(PAHO)などが協力。女優のシャーリーズ・セロンさん、サッカー元イングランド代表主将のデービッド・ベッカムさんらも出演し、メッセージを寄せた。

コンサートに先立ち、全世界へのワクチン供給の方策などを話し合うインターネット上の首脳会議が開かれ、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長やグテレス国連事務総長らが参加。各国首脳らは計69億ドル(約7400億円)の拠出を約束した。

グローバル・シチズンの呼び掛けによる音楽イベントは4月にも開かれ、レディー・ガガさんやポール・マッカートニーさんらが新型コロナへの対応に当たる医療従事者らにエールを送った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]