スタンレー電気、殺菌向けLEDを量産

2020/6/28 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車ランプ大手のスタンレー電気は7月から山形県鶴岡市の工場で、紫外線の中でも波長が短い「深紫外線」を発生する発光ダイオード(LED)の量産を始める。深紫外線を照射することでウイルスなどを不活性化する効果があり、身の回り品を殺菌する機器や、空調機器への内蔵といった需要を見込む。

深紫外LEDの量産に向けて20億円を投資した。新型コロナウイルスへの対策として、殺菌などに関連した需要の拡大を見込む。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]