/

都内で新たに60人感染 新型コロナ、宣言解除後最多

(更新)

東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに60人確認されたと発表した。新規感染者が60人以上となるのは5月4日以来。前日に続いて緊急事態宣言解除後の最多を更新した。都内の感染者は累計6114人になった。

60人のうち、31人はホストクラブやキャバクラの従業員など「夜の繁華街」関連の感染とみられ、半数程度は新宿エリアで発生していた。また、10~30代が46人と全体の約8割を占めた。

都福祉保健局は「(感染者の)数は増えているが夜の街関連や20、30代が多いという傾向は変わらず、まだ他の年代に飛び火はしていない。感染状況を引き続き注視していく」と話した。

都は感染の再拡大となる「第2波」に備えて独自の警戒情報「東京アラート」の見直し作業を進めている。新たな基準や注意を呼びかける方法を再検討し、まとまり次第公表する予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン