/

この記事は会員限定です

人工衛星の衝突防止へ警報 宇宙ビジネスの参入支援

[有料会員限定]

政府は民間企業が運用する人工衛星に宇宙ごみ(デブリ)や他の衛星が接近して衝突しそうになった場合、事業者に警告を発して回避できる仕組みをつくる。近く官民で検討する体制を作り、2~3年以内での本格運用をめざす。民間の宇宙ビジネス参入を後押しする。

宇宙の軌道上にはデブリや世界各国の政府や企業が運用する衛星が多く周回し、互いに衝突するリスクが高まっている。

気象衛星や資源探査衛星だけでなく通信衛星も増加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン