緊急事態宣言の再指定「考えていない」 経財相

2020/6/28 15:30
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済財政・再生相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を再指定する考えがないと明らかにした。医療提供体制を確保できている点などを理由に挙げた。新規感染者数は東京などで増加傾向にあるものの「全国的なまん延はみられない」と指摘した。

基本的対処方針等諮問委員会の尾身茂会長と28日に電話で協議したという。西村氏は「再指定など大きな方向性を変えることは考えていない」と述べた。

東京で夜の繁華街に関係する人の感染が広がる。西村氏は店舗での集団検査が進み「濃厚接触した人が特定されている」と説明した。新たなクラスター(感染者集団)の有無の確認を急ぐ。県境をまたいだ移動の自粛要請も「考えていない」と明言した。

新型コロナに関する専門家会議を廃止する方針では「『廃止』というのは強く言い過ぎた。専門家会議の皆さんを排除するようにとられたのは反省している」と語った。新設する分科会に専門家会議のメンバーが何人か入るといい「発展的に移行する。衣替えという言い方がいい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]