/

茂木外相「G7の枠組み維持重要」 参加国拡大に否定的見解

茂木敏充外相は28日のNHK番組で、主要7カ国首脳会議(G7サミット)の参加国拡大に否定的な見解を示した。「G7の枠組みそのものは維持することが極めて重要だ。これが全体のコンセンサスではないか」と語った。

トランプ米大統領はロシアや韓国などを招待する意向を表明している。

茂木氏は政府が検討する安全保障戦略の見直しに関し「日米の基本的な関係、役割分担は変わらない」と述べた。「日本を取り巻く安全保障環境はガラッと変わってきている。それを踏まえた防衛力や、日米同盟のあり方を考えていかなければならない」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン